結婚指輪の素材について

結婚指輪素材から見た選び方

結婚指輪は長い間つけるものですから、細部にもこだわりたいものです。毎日つけることで変形したり傷がついてしまうことも多いのですが、素材をきちんと選んでおくことでそれらを防ぐことも可能になります。
選び方のポイント、1つ目は「毎日の生活を行う上で、耐久性があること」です。女性は毎日家事を行う時に水やお湯を使ったり、重いものを運ぶなど力仕事もこなす場面があります。柔らかい素材の指輪は温度変化で変色、変形してしまったり、場合によっては折れてしまうこともあります。日常的な生活に耐えられる素材であることが大切です。2つ目は「金属アレルギーを起こしにくい素材」を選ぶ事です。今は安心でも、ある日突然金属アレルギーになることもありますので、安心安全な素材を選ぶのも一つの方法です。

素材による特徴とは?

代表的な結婚指輪の素材の1つはプラチナです。傷がつきにくく頑丈で、メッキがはがれてしまったとしても金属のもともとの色とほぼ変わりがありませんのではげが目立ちません。金属アレルギーも引き起こしにくいと言われていますが、価格によっては金属アレルギーを引き起こしやすい金属を混ぜてあることがありますので注意が必要です。
もう1つの定番素材は金です。金は他にさまざまな金属を混ぜて加工しやすくしてあり、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドの3種に大きく分けられます。製法によってはプラチナよりも固くなり変形しにくいという特徴がありますが、混ぜてある他の金属でアレルギーを引き起こしやすいと言われていますので、混ぜてある素材のチェックをしっかりと行いましょう。

結婚指輪を大阪で購入する際には、複数の商品を十分に比較しながら選ぶことで、より魅力的な商品が見つかります。

© Copyright Wedding Studio. All Rights Reserved.