結婚指輪のデザインいろいろ!

アームのデザインを見よう

ジュエリーショップでは結婚指輪のデザインが膨大に用意してあることを売りにしている所もありますよね。そんなにデザインの種類があるなら、その時の流行り廃りもありますし、どれを選べばいいのか困ってしまいそうです。でも、膨大に見えて結婚指輪のデザインって、ある程度パターンがあるんですよ。
輪っかになっているところをアームと呼びますが、一番王道なのはストレートと呼ばれるシンプルでリング状のものです。この他に優美な波のような曲線のS字、シャープで指を長く見せてくれるV字などが定番でしょう。最近は婚約指輪と重ね付けを前提にデザインされているものも多くなっています。Xのようなデザインのものは単独でもスタイリッシュ!

ダイヤと模様などを考える

結婚指輪の種類の一つにエタニティリングと呼ばれるものがあります。リングにびっしりと小さなメレダイヤが敷き詰められている華やかなデザインです。婚約指輪兼用として選ぶと指輪代の節約にもなるかもしれませんね。半分だけダイヤで飾り、残りの半分は地金をあえて出しているものはハーフエタニティと言います。こちらの方が普段使いには適しているので、ハーフエタニティにする人もいるんですよ。
アームの形の他にこだわるとすると、指輪に彫られた模様などでしょう。その代表格としてはハワイアンジュエリーがありますよね。一つ一つのモチーフに意味があるので、デザイン性と意味とどちらも考えて選びたいところ。他には女性から人気の北欧のモチーフを入れているお店もあります。

ブライダルリングは一生の思い出に残る指輪となります。そのため、デザインなどは慎重に決められる方が多いです。

© Copyright Wedding Studio. All Rights Reserved.